2009年12月15日

アビテックスの組み立て

予告の通り、アビテックス・ウッディボックスミニ・0.8畳の組み立て工程をお見せしたいと思います。
写真が多めなので、ざっと並べて説明を書いて行きます。
分かりづらい部分もあるかと思いますが頑張ってご覧下さい。

使用するパネルはサイドパネルと天井パネル、床パネルそしてドアの付いたサイドパネル。

avitex001.JPG
サイドパネルはご覧のように幅の異なるものが2種ありました。
重量は、大きい方が18kg位、小さい方が9kg位です。

パネルの接合部にはスポンジがあるのですが、運搬中に曲がったり切れたりするので、注意が必要です。
ただ、大工センターに売っていな物でもないので、最悪補修可能だと思います。

avitex002.JPG
これはサイドパネル下側

avitex003.JPG
これはサイドパネル上側

avitex004.JPG
これはサイドパネル横側

avitex005.JPG
これは天井パネル。電灯用のソケットが付いています。
電灯用の電気ケーブルは天井に抜けています。
重量は15kg弱。

avitex006.JPG
avitex007.JPG
これらはサイドパネル内側にある、連結金具用の穴。

avitex008.JPG
また一枚のパネルには換気扇用の穴が開いています。
中にグラスウールらしき物が入っているのが分かります。
この穴に換気扇用の取付け金具をはめ、換気扇を取付けます。

avitex009.JPG
これは音場パネル。
木枠に吸音材らしきものが入っているようで、とても軽いものです。
一枚1kg位。ネジで固定します。

avitex010-2.JPG
取付け金具類。
使用する工具はプラスドライバだけです。
ただ、ドア横あたりの金具は取付けにくいので、スタビドライバと呼ばれる、柄の短い物があると便利です。

avitex010.JPG
換気扇。
この換気扇は、吸気と排気を同時に行うものです。
簡単に分解・清掃が可能。
音がそこそこするので、ナレーション撮りの時などには止める必要があります。
もちろん、気密性の高い防音室なので、都度、換気をしなければなりません。

avitex011.JPGavitex012.JPG
これらは床パネル。11kg位。
MDF材のような感じで、薄いのですが、しっかりしています。
実はこの床パネルが、今回、組み立てを一人でするはめになった原因です。
というのは、カビが生えてしまっていたんです。
前オーナーの家に水漏れが有ったようで、気付かないうちにカビが発生してしまっていたようです。
そのまま、設置する訳にもいかないので、薄めた漂白剤や防カビ剤で、洗浄しては天日干しというのを数回繰り返し、何とかこの状態にまでしましまた。
ただ、それでも少々不安なので、MDF材パネルを購入・カットし、スノコ状態に並べ、その上に床パネルを置いています。

ここからは、サイドパネルの組み立てです。
組み立ては養生用テープで仮固定しながら行いました。
サイドパネルは前述のように2種類の幅があり、幅広パネルの幅を1とすると、狭いのは0.5、ドアの付いたパネルは幅広のものと同じで1です。防音室自体の幅が1で、奥行きが1.5といった感じなので、パネルの位置を調整する事で、ドアの位置や換気扇の位置を調整できる仕組みです。

avitex013.JPGavitex014.JPGavitex015.JPG
avitex016.JPGavitex017.JPGavitex018.JPG
最後にドア付パネルを取付けて、サイドパネルの組み立ては完了です。
ただ、このドア付パネルは、40kgの重量があるので注意が必要です。

avitex019-2.JPGavitex019-3.JPG
avitex019.JPG
内側は連結金具をつかってこのような感じで固定されています。
マグネットの目隠しカバーも付いています。

avitex020.JPG
連結部のスポンジの様子。

avitex021.JPG
ドアの淵はゴムで密閉性を高めています。

avitex022.JPG
スノコの状態です。

avitex023.JPG
天井パネルを載せる前の状態です。
白いケーブルは電気ケーブルで、室内のスイッチとコンセントから続いています。

avitex026.JPG
天井パネルはこんな感じで載ります。
隙間から電気ケーブルを出し、一本はコンセントに、もう一本は、換気扇や天井中央からに抜けている照明用のケーブルと接続します。そんなちょっと強引な感じで、室内のスイッチと照明や換気扇が連動します。

avitex027.JPGavitex028.JPGavitex029.JPG
天井パネルの連結金具の様子。
音場パネルで隠れない部分は、木片で金具を隠します。

avitex030.JPGavitex031.JPG
床パネルとサイドパネルの連結金具の様子。
金具を付ける場所は特に決まっておらず、適当に付けます。
何度か、組み立て・分解を繰り返すと、ネジ穴ができてしまいますので、それを避けるように取付けます。

avitex032.JPG
金具の取付けが終わったら、床板を載せます。
2枚に分かれていて、13kg位と6.5kg位と、なかなかしっかりした集積板です。

avitex033-1.JPGavitex033.JPGavitex034.JPG
換気扇用台座パネルと換気扇の取付けの様子。
台座パネルはネジで止まっています。

avitex035.JPG
換気扇内側の様子。真中のスリットを堺に、吸気と排気が行われています。

avitex036.JPGavitex037.JPG
音場パネルの様子。
取付けは長めのネジを使用します。
サイドパネルにネジ用受け金具が埋め込まれています。

avitex038.JPGavitex039.JPG
室内のスイッチとコンセントの様子。

以上です。

防音室の中古としては、まだ多くのウッディボックスが流通しています。
DIYに慣れた人であれば問題のない作業ですので、業者に任せずになるべく安価に設置したいというチャレンジャーな方の参考になればと思います。

なお、私が当防音室の購入を検討していた時には、参考になるホームページが殆どありませんでした。
ただ、こちらの ( http://www.hatena.ne.jp/lisa-rec/ ) 来兎(らいと)さんが、移設に関わった事があると書かれていたので、思い切って聞いてみました。
すると丁寧なお返事をして頂き、とても参考になりました。
この場を借りて、お礼をさせて頂きたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。

それでは、最後に、皆さまご一緒に。
いやぁ〜、ホント、ネットっていいですねぇ〜。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34222382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック