2009年10月10日

レンズの大三元 そして 一眼ムービー

カメラのレンズには大三元とも言えるズームレンズのラインナップがあります。
大口径でズームとしては明るく、広角、標準、望遠とそれぞれがカバーします。
キヤノンの場合、下の三本がそれに当たります。
EF16-35mm F2.8L II USM ¥230,000
EF24-70mm F2.8L USM ¥220,000
EF70-200mm F2.8L IS USM ¥280,000
ただ、ご覧の通り、価格が半端でなく、当然、私には手の出せる品ではありません。
そこで、キヤノンのセミ大三元!?の登場です。
キヤノンには開放F値が4と2.8よりは劣るものの、上の三本よりは小型で安価なラインナップが存在します。
そして何を隠そう私がキヤノンに移行した大きな理由の一つがこのセミ大三元でした。
そのセミ大三元とは。

lens.JPG

EF17-40mm F4L USM ¥120,000
EF24-105mm F4L IS USM ¥145,000
EF70-200mm F4L USM ¥118,000(これは旧型です)
これでも、一般的な感覚からするとレンズでこの値段かよっていう価格ですが、オークションやら中古やらで地道に探し何とか集めました。
特に24-105がお気に入りです。これまでの標準ズームよりレンジが広く、写りも好みです。
今は、いつか70-200をIS付にしたいなと画策中。

ところで、キヤノンで最近7Dというかなり高性能と言われているカメラが登場しました。
このカメラであれば、EF-Sという小型なレンズ群を使えるので、全体のパッケージが小型化し、ビデオと一緒に持って出る事も可能になります。
しかも、それ自身で半端なく綺麗なHDムービーが撮れてしまいます(操作性の問題でまだビデオの代替とまではいきません)。
何とも物欲をそそるカメラです。

こちらは5DMk2という映像界にセンセーションを巻き起こしたHD動画の撮れる一眼カメラで作られた映像。
私もこれを最初に見た時は鳥肌が立ちました。

これからは、動画、静止画に隔たりなく対応でき、オシャレな作品を作り上げられる人達が台頭してくるのだと思います。
私もそれに少しでも追いつけるよう、クロスメディアな活動をして行きたいと思います。
posted by Konak at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32826895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック