2009年09月26日

バックアップ

普段メインで使用しているPCは去年自作したもので、普段使いから映像編集まであらゆる用途に使用しています。
システムドライブはAcronisのTrueImageを使い、イメージとしてバックアップしてあり、またデータドライブは完全に分離してあるので、ソフト障害であってもハード障害であっても、早急に復帰させる事が可能です。
データドライブは、BunBackupという同期ソフトを使い、写真のようなリムーバブルドライブへバックアップしてあります。
KF1J8585.JPG
同期ソフトを使うといちいちHDDの内容を比較する事なくバックアップできるので、ミスもなく便利です。
リムーバブルドライブはOwltechの物を使用しています。
以前はRatocの物を使用していましたが、カートリッジがずれずに綺麗に重ねられる事、コネクタが頑丈そうという理由でOwltechに切替えました。
KF1J8589.JPG
PCをAHCIというモードで使用しているため、SATA接続のHDDがホットプラグする事ができ、IDE接続の頃より運用が楽になりました。
ホットプラグというのは、PCを再起動する事なく、Windowsの起動中にHDDの取外しを行う事です。
hotswap.gif
リムーバブルドライブは映像データの保存にも役立ちます。
特にハイビジョン映像のデータ量は膨大な為、リムーバブルドライブは欠かせません。
posted by Konak at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ネット関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32419849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック